なぜ三井金属は「5G最恩恵銘柄」なのか?3つのポイントとアップルショック後の株価チャートとは

なぜ三井金属は「5G最恩恵銘柄」なのか?3つのポイントとアップルショック後の株価チャートとは

どうもみなさんこんばんは!

かつをです🐟

 

今回のおしながきは

『なぜ三井金属は「5G最恩恵銘柄」なのか?』です✨

3つのポイントに絞ってお話していきます!

▼詳しい内容は動画で▼

https://youtu.be/gnRVvN1rGy8

 

3つのポイントとは?

  1. 事業

  2. 業績

  3. 今後の展開

についてです。

特に1.は旬のテーマ5Gにも関わりますよー!

 

ポイント①事業

『5Gの最恩恵銘柄』と言われている三井金属。

その由来は主力製品である

極薄電解銅箔 です。

これは高機能なスマホや

5G基地局の通信機器などに

欠かせない部品です。

それがなんと世界シェアほぼ100%

非常に高い競争力を持っています。

引用元:三井金属HPより

 

会社全体で見ると…

該当の機能材料事業は

ざっくり売上が全体の3割位、

利益は何と全体の6~8割くらい!

既にかなりの影響を享受してますね(*´ω`*)

引用元:三井金属HPより

 

ポイント②業績

そんな訳で直近3年間の業績はこちら

2018年期の絶好調と比べると

2019年期は特に営業利益が減少。

 

さらに今期の進捗はこちら

こんな感じで苦戦が続いています。

セグメント別の入り繰りはありますが、

通期の計画は変更なし。。

達成できるか要注目ですね!

 

ポイント③今後の展開

テーマの5Gは2020年春から

順次スタートです!

各社の状況はこちら

引用元:総務省資料

令和2年1月27日Beyond 5G推進戦略懇談会(第1回)
「5G及びBeyond 5Gに関する現状」

小難しい要素はありますが、とりあえず

もうすぐ始まるという事だけ理解しましょう!

なお決算説明会資料には通期計画を

極薄銅箔で挽回するようです!

ちょっと頼りすぎな気も…

引用元:三井金属決算説明会資料より

 

指標

特に目立つポイントは無いです。

 

財務分析

キャッシュフロー計算書の

フリーキャッシュフローがマイナスになっているのが気になります。。

 

チャート

なんとアップルショック後も上げてます(;^ω^)

11月頃の高値には届くのでしょうか。。

 

まとめ

  1. 極薄電解銅箔という強力商材

  2. 今期は苦戦…

  3. 株価はアップルショック後上昇!

  4. 実需の動向に注意

おまけの株なぞかけ

 

オリンピック 

とかけまして

焼き物教室

ととく、そのこころは?

 

どちらも、

冬季(陶器)もあれば夏季(火器)もある。

 

ではまた!(^^)!

この記事を下のSNSボタンで拡散してくれると嬉しいです✨

銘柄分析カテゴリの最新記事