かつを流『会社四季報』の見方

かつを流『会社四季報』の見方

こんにちは!かつをです🐟

今回はかつを流『会社四季報の見方』をご紹介です✨

皆さん自身の正解を探す参考にしてみてください!(^^)!

 

何を買うの?

実は会社四季報って冊子の物や

CD-ROM、オンラインなど様々あります😁

僕は冊子+CD-ROMを使い分けしてますよ!

今回は冊子の見方を説明します。

CD-ROMの記事はまた別に書きます!

 

目的を明確にする

僕が冊子の会社四季報で探したい銘柄は

『小型成長株=グロース銘柄』です。

もちろん高配当優待も大好きですが、

そういったのはCD-ROMなどツールを使います。

なのでそういった見方をしていきます。

 

ポイント①業績をチェック

まずは売上営業利益

過去3年と今後2年の計画を見ます。

成長株を探したいので、

めっちゃ伸びてる株を見つけたらページをめくる手を止めます。

具体的には毎年10~20%伸びてると…

「おぉっ!」って思います😃

 

ポイント②ビジネス内容を見る

次に会社の特色と記者のコメント欄を見ます。

面白いビジネスだと感じたら付箋貼っちゃいます✨

ここは直感です(*´ω`*)

 

ポイント③財務や指標を見る

紙面の真ん中のマスの部分を見ます。

まずは時価総額、

一般的に時価総額1000億円以下を小型株と呼びます。

「え?1000億円で充分でかくね?」

と思った方は鋭い!僕もそう思います(笑)

なのでもっと小さい銘柄をチェックします。

ここら辺はアバウトに(*´ω`*)

あと、特にチェックする指標は

  • 自己資本比率
  • 有利子負債
  • キャッシュフロー

ここで気にしているのは資金に余裕があるかどうか。

あとは

  • ROE
  • ROA
  • 設備投資

ここでは経営の効率性と事業拡大への積極性を見ています。

全てが素晴らしい企業はむしろ少ないので、

ここも絶対的にダメな要素が無いかをチェックしています。

 

ポイント④株主構成を見る

そうそう、もう1個大事な要素が株主構成

特に影響が大きい筆頭株主を見てます。例えば、

大手証券会社、自社、オーナー社長など…

何が良いってわけでは無いですが、

個人的には小型成長株はオーナー社長だと

経営判断にスピード感を感じるので好きです✨

 

まとめ

冊子版・会社四季報の見方はこんな感じです。

僕はこの手順で全銘柄見てます。

いや、全部見ると偉いって訳じゃないですが。。

ご自分のペースで無理なく楽しんで頂ければ

良いと思います!

 

効率的にスクリーニング等したい方はCD-ROMがおすすめです(*´ω`*)

富士山マガジンなら20%もお安く定期購読できますよ✨

ではまた!(^^)!

※2020年2月時点の情報です

※「会社四季報」は株式会社東洋経済新報社さんの登録商標です

分析ツールカテゴリの最新記事